いぬのしつけ教室
夜間診療について

眼科診療

当院は特に眼科診療に力をいれております

眼は小さくても重要な感覚器ですが、傷つきやすく、さまざまな病気が出やすい部位でもあります。

もし、動物たちになにか心配なことがありましたら、ぜひ一度ご来院ください。当院では、症状などの場合に応じて、専用検査機を用いて病気を診断します。

また、眼の健康診断も予約制で行っております。
症状が深刻になる前の予防として、定期的な健康診断をおすすめしています。


眼科診療

眼が白い

眼が白く濁る症状は、一般的に白内障と思われています。
しかし、実際には、傷や、核硬化症といった病気であるケースも少なくありません。

当医院では、白内障であるか、核硬化症であるかについては、専用の検査機器を用いて判断します。
白内障の場合は、症状の進行具合によって点眼治療や手術を行います。

傷や核硬化症の場合は、白内障とは治療方法が異なります。できるだけ早く治療を行うことで、回復へとつながります。

眼が赤い

眼が赤い場合は結膜炎の可能性が高いです。
ただし、傷、網膜剥離、角膜炎などでも眼が赤くなる症状が出ます。
基本的には、病状に合った点眼薬にて治療を行います。
ただし、角膜炎の場合は手術を行う場合もあります。

眼脂(目やに)が出る

眼脂は、傷や結膜炎、眼が乾くために起きる乾性角結膜炎など、さまざまな要因が考えられます。
まずは検査を行い、その結果に応じて治療を開始します。

眼が開けづらい・まぶしがる

眼が開けづらい場合は、傷やブドウ膜炎といった病気である場合が多いです。
どちらも眼が開けづらく、痛がるそぶりを見せることが多いのが特徴です。

似たような症状では虹彩萎縮という病気があり、こちらの場合だと痛みはないものの、まぶしさで眼を細めるため、眼が開けづらいように見えます。

物にぶつかる

ものにぶつかるといった症状は、必ずしも眼の病気とは限りません。
ただし、視神経炎や網膜剥離などが原因となって起こる場合もあります。

こういった症状は、全身性の病気によって引き起こされているケースが多く、血液検査が必要となる場合があります。
検査結果から最適な治療法を検討します。

症例1 白内障

症例1 白内障

レンズ(水晶体)の混濁のことです。
加齢とともに進行することが多いですが、若齢で発症することもあります。
若齢の場合は遺伝性が多く、進行も早いので定期的な検査・点眼が必要になります。

左の写真は高齢のわんちゃんの眼です。

加齢に伴う白内障です。
白内障には混濁の程度により、初発、未熟、成熟、過熟の4つのステージがあります。

本症例は成熟白内障になります。
このわんちゃんの治療は、進行を遅らせる点眼剤の使用と定期的な検査となります。


症例2 角膜潰瘍

症例1 白内障

作成中です 


症例3 核硬化症

症例1 白内障

眼が白くなる病気の代表的なものとして白内障があります。

ただ実際診察の場では、白内障ではなく、核硬化症だったというケースが意外と多いです。
核硬化症は加齢によるものなので、基本的には治療の必要がありません。

また白内障よりも視覚の維持を保ちやすいです。
白内障を併発している場合は、前述したように点眼と定期検査が必要となります。


症例4 結膜炎

作成中です 

症例5 虹彩萎縮

作成中です 

症例6 乾性角結膜炎

作成中です